ブログ・阿久比米の四季

風景 「里の秋」

農家の屋敷には、よく柿の木が植わっています。
近所の柿木もたわわに実っています。
昔から、柿は買ったことがありません。
しかし、いつまでもそのままなっている木は大抵、渋柿です。IMG_0868

めっきり見なくなりました 「ハザ」

近年、田んぼで「はざ」を見ることが珍しくなりました。
朝ドラの「ひよっこ」の時代にはほとんどの田んぼで見られた
風景も、あと何年かで見ることが出来なくなりそうです。
機械化が進み仕事は楽になりましたが、家族総出で「はざ架け」
をした昔がなつかしく少し寂しい気がします。
ちなみに、「つぼけ」に至ったてはもう何年も見てないような気がします。IMG_0837

稲刈りが 始まりました🌾

今年の稲刈りが、いよいよ始まりました。
今年は天候不順で、日照時間が短かったけれど、逆に高温障害が無く
まずまずの出来です。
これから乾燥調製⇒もみすり⇒米の検査⇒お店で販売です。
阿久比米の新米の販売はもうしばらくお待ちください。
IMG_0771IMG_0780IMG_0784

あッ うッ!

田んぼの脇の道路に鵜の幼鳥がいました。
最初はカラスだと思って近づいてよく見たら鵜でした。
どこか元気がなく、心配です。
この辺りでは、鵜を時々見かけます。
こんな所でうろうろしていると、カラスにいじめられますよ。IMG_0735

最近 見かけなくなりました‥‥案山子

稲の穂が出るこの季節、昔は田んぼのあちらこちらで案山子が立てられていました。
最近では、めっきり案山子を見かけなくなりました。
なんとなく雀も少なくなったような気がします。
あんなに憎かったスズメも、いないと何だか寂しくもあります。
やっぱり、田んぼにはスズメがいて案山子が追い払う風景が一番です。
IMG_0740IMG_0744

特別栽培米の現地確認をしました!

今日は、特別栽培米の圃場を栽培確認者とともに巡回しました。
県の農業改良普及課の評価は順調に生育しているとのことでした。
ただ、近年カメムシの発生が多くなり心配しています、これも
地球温暖化の影響かもしれません。
今年の収穫時期は9月の初め頃になりそうです。IMG_0651